月別アーカイブ: 9月 2014

GAEのデータストアをローカル開発環境へリストア

タイトル通りですが、結構手間取ったので備忘録として。

GAE(GoogleAppEngine)で動作させてるWebアプリのデータストアをダウンロード。アプリケーション名はここではAPP_IDと表記します。

appcfg.py download_data --application=APP_ID --kind=Sample --url=http://APP_ID.appspot.com/_ah/remote_api --filename=./Sample.dmp


ローカルの開発環境でGoogleAppLauncherからアプリを起動します。起動の時に3つのポートが開放されます。

  1. 管理コンソール用
  2. アプリケーションサーバ用
  3. APIサーバ用

で、その後に

appcfg.py upload_data --url=http://localhost:(アプリケーションサーバ用ポート番号)/_ah/remote_api --filename=./Sample.dmp --application=dev~APP_ID --kind=Sample


データのリストアなので管理コンソール用のポート番号でいいのかな、と思いますがアプリケーションサーバ用のポート番号でした。管理コンソール用のポート番号

http://localhost:(管理コンソール用ポート番号)/_ah/remote_api

を指定しても404エラーが出てしまいますので要注意。

もう一点注意するところはアプリケーション名。「dev~APP_ID」と指定すればOKでした。

カテゴリー: GAE, プログラム | GAEのデータストアをローカル開発環境へリストア はコメントを受け付けていません。